美しい風景写真をPhotoshopでレタッチして「ダイナミック」に加工する方法を動画付きで解説!

フォトショップ

めっちゃキレイな風景でも、自分で撮った写真だとなんとなくパッとしないことがあります。また、素材サイトからダウンロードした風景画像を「もっと美しく見せたい」「ダイナミックな画像に加工したい!」なんて思うこともあるでしょう。

そんなときは、Photoshopの「調整レイヤー」を活用して、明るさや彩度、コントラストなどを上手に調整しましょう

ここでは「基本的な調整レイヤーの使い方」と、「ハイパスを使ったテクニック」を活用してレタッチ&ダイナミック加工をする方法を解説します。一度実践するだけで、さまざまなレタッチや画像加工に応用できるようになるのでLet’s TRYっ!

レベル補正でコントラストを調整する

レタッチしたい風景画像をPhotoshopで開きます。

調整レイヤーの「レベル補正」を追加します。

ここでは「シャドウ」を強めます。

彩度を適度に落とす

調整レイヤーの「彩度」を追加します。

適切に彩度を落とします。

ハイパスを活用してシャープにする

風景レイヤーを右クリックして複製します。

フィルター 》その他 》ハイパス を選択。

半径(R)を適度に調整。

ハイパスを掛けたレイヤーの描画モードを「オーバーレイ」に変更します。

すると↓のようにシャープな印象になります。

焼き込みツールを使って印象を強める

風景の暗くしたい部分(コントラストを付けて印象を強める)に、「焼き込みツール」を使ってハイパスを掛けたレイヤーをなぞっていきます。

動画を参考にしてもらうと感覚が掴めると思います↓

トーンカーブで全体を調整

調整レイヤーの「トーンカーブ」を追加します。

風景画像を確認しながら適度に調整。

すると↓のような風景レタッチが完成です。(クリックすると拡大↓)

風景とサイを合成してみよう!

最後に、風景とサイを合成加工してみます。キレイに合成する際には、双方の彩度やコントラストなどを近づけるのがポイントになるので、動画を参考にしてください↓

合成が完了したら、最後に全体的に色相を調整して完成です。美しい風景がダイナミックになりましたね!ぜひここで解説した「基本的な調整レイヤーの使い方」と、「ハイパスを使ったテクニック」を応用して、さまざまなデザイン加工に挑戦してください。(クリックすると拡大↓)

スリームデザイン

2,876,658 views

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインとマーケティングと玄米ご飯。 フリーランス時代に独学で身に...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

小笠原広記

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインと玄米ご飯。

 

フリーランス時代に独学で身に付けた技術を活かし、世界規模のデザインコンテストで日本人初の大賞を受賞&Photoshopの専門書を出版。

 

ブログ集客のエキスパートとして企業や個人のコンサルティングをしながら、コンテンツマーケティングやコピーライティングを手掛けるブログマーケターである。