Photoshopでおもちゃのようなミニチュア風の加工ができる「チルトシフト」の使い方

フォトショップ

Photoshopには「チルトシフト」というぼかしフィルターがあります。このチルトシフト効果をうまく活用することで、風景写真(上空から見下ろした街や車、人、遊園地など)をおもちゃのようなミニチュア風の画像に加工できて楽しい

ポイントは3つ。【1.彩度とコントラストを強める。2.シャープにする。3.チルトシフトを適用する。】以上、慣れれば3分程度で完成するので、1つのスキルとして身に付けておきましょう。

調整レイヤーで彩度とコントラストを強める

Photoshopでミニチュア風の加工をしたい画像を開きます。

調整レイヤーの「色相・彩度」を追加して彩度をグーっと高めます。

調整レイヤーの「トーンカーブ」を追加してコントラストを強めます。

調整レイヤーの「レベル補正」を追加してシャドウとハイライトを適度に調整。

画像をシャープにする

フィルター 》シャープ 》アンシャープマスク を選択。

量(A)を高めます。

チルトシフトを適用する

チルトシフトはぼかしをかける技法ですが、直接画像をぼかしてしまうと後から調整できなくなってしまうので、元画像を複製し「スマートオブジェクト」に変更してから使いましょう

複製したスマートオブジェクトレイヤーを選択した状態で、フィルター 》ぼかしギャラリー 》チルトシフト を適用。

中心位置やぼかしの幅などを調整し、画面を確認しながら適度な「ぼかしの強さ」に調整します。

最終的に「色相・彩度」「トーンカーブ」「レベル補正」などの調整レイヤーで、色味やコントラストを微調整して完成です↓

スリームデザイン

2,876,657 views

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインとマーケティングと玄米ご飯。 フリーランス時代に独学で身に...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

小笠原広記

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインと玄米ご飯。

 

フリーランス時代に独学で身に付けた技術を活かし、世界規模のデザインコンテストで日本人初の大賞を受賞&Photoshopの専門書を出版。

 

ブログ集客のエキスパートとして企業や個人のコンサルティングをしながら、コンテンツマーケティングやコピーライティングを手掛けるブログマーケターである。