ひと味違うHDR風のディティールを表現する所要時間3分のフォトショップ技術

webデザイン

HDRとはハイダイナミックレンジの略で最近ではiphoneカメラにも搭載されよく耳にするようになってきましたが、簡単に言うと白飛びや黒つぶれを抑えるため露出の異なる複数の画像を合成することでより肉眼で見た印象に近づける機能のこと。

ここではひと味違うHDR風のディティールを表現する方法所要時間3分でお伝えします。

HDR風に加工するチュートリアル

加工する画像をフォトショップで開く。

元画像

背景画像を複製して彩度を完全に落としレベル補正でコントラストを調整。

複製レベル補正

彩度を落としたレイヤーをさらに複製して階調を反転させぼかし(ガウス)をかける。

ぼかし

先に複製したレイヤーの不透明度を30%階調を反転させたレイヤーの不透明度を80%にし両方とも描画モードをオーバーレイにする。

オーバーレイ

3つすべてのレイヤーを結合させ彩度を少し落として色味を落ち着かせる。

彩度を落とす

あっとゆーまにひと味違うHDR風画像が完成しました!

HDRイメージプレビュー

関連記事:フォトショップでアメコミ風に加工する所要時間たった3分のフィルター活用テクニック。

スリームデザイン

2,536,302 views

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインとカーケティングと玄米ご飯。 フリーランス時代に独学で身に...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

小笠原広記

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインと玄米ご飯。

 

フリーランス時代に独学で身に付けた技術を活かし、世界規模のデザインコンテストで日本人初の大賞を受賞&Photoshopの専門書を出版。

 

ブログ集客のエキスパートとして企業や個人のコンサルティングをしながら、コンテンツマーケティングやコピーライティングを手掛けるブログマーケターである。