Photoshopでネオン管が光っているような文字の作り方を解説

webデザイン

歓楽街を歩いているとBARやライブハウスなどのネオン看板が夜の街を彩っています。ここでは10分程度の工程でPhotoshopでネオン管が光っているような文字の作り方を解説します

背景を複製し、新規レイヤーに任意のテキストを入力(OPEN)。

neon-tube01

複製した背景にレイヤーマスクを追加し、描画モードを通常から乗算に変更。

neon-tube02

レイヤーマスク部分に不透明度や流量を調整した黒色のブラシでテキストの周辺をなぞるように塗ります。

neon-tube03

テキストレイヤーにレイヤー⇒レイヤースタイル⇒境界線を選択しサイズを調整。(色はテキストと同色)

neon-tube04

テキストの塗りを0にして境界線だけを表示させます。

neon-tube05

テキストを複製して非表示にし、複製元のテキストを右クリックでレイヤースタイルをラスタライズ

neon-tube06

テキストを複製して非表示にし、複製元のテキストを右クリックでレイヤースタイルをラスタライズ

neon-tube07

ぼかしたレイヤーの描画モードをオーバーレイに変更し、非表示にしていた最前面のレイヤーを表示させて確認します。

neon-tube08

オーバーレイに変更したレイヤーを2つ複製し、コピー3のレイヤーの描画モードをオーバーレイからスクリーンに変更。

neon-tube09

最前面のレイヤーを右クリックしレイヤースタイルをラスタライズ

neon-tube10

レイヤー⇒レイヤースタイル⇒ベベルとエンボス&シャドウ(内側)&ドロップシャドウを適用し、立体感のあるネオン管の表現に近づけます。

neon-tube11

ネオン管の表現に近づけた最前面のレイヤーを複製し、ドロップシャドウのチェックをはずしてベベル(内側)の数値をMAXに、その他の数値も画面を見ながら調整。

neon-tube12

再びレイヤースタイルをラスタライズして描画モードをソフトライトに変更。

neon-tube13

ソフトライトに変更したレイヤーを複製し、コピー5の描画モードをスクリーンに変更し、選択ツールでボカしながら、適当に切り抜く(切り抜かず残った部分が少し明るく表現されます)。

neon-tube14

ネオン管が光っているような文字の完成

neon-tube15

クリックすると拡大して見れます↑

スリームデザイン

2,683,867 views

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインとマーケティングと玄米ご飯。 フリーランス時代に独学で身に...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

小笠原広記

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインと玄米ご飯。

 

フリーランス時代に独学で身に付けた技術を活かし、世界規模のデザインコンテストで日本人初の大賞を受賞&Photoshopの専門書を出版。

 

ブログ集客のエキスパートとして企業や個人のコンサルティングをしながら、コンテンツマーケティングやコピーライティングを手掛けるブログマーケターである。