3分で立体的にすることができるPhotoshopアクションのMagic 3Dがすごいっ!

3D

Magic 3D Photoshop Action のサイトにアクセスし、zipファイルをダウンロードします。

3d-atn01

zipファイルを解凍したらDemonstration.psdを開き、Magic 3D.atnをダブルクリック(もしくは右クリックしてプログラムから開く)。

3d-atn02

PhotoshopのアクションウィンドウにMagic 3Dが追加されたのを確認

3d-atn03

(アクションウィンドウが見当たらない場合は、ウィンドウ 》アクション から開けます。)

3d-atn04

Magic 3Dには《For shape》と、《For text》と、《For layers》の3つありますが、シェイプなので、《For shape》を選択して再生マークをクリック。

3d-atn05

するとすぐにウィンドウが開くので、Glow.pngを選択して開くをクリック。

3d-atn06

アクションが実行されている間、何度か停止したりウィンドウが立ち上がったりしますが、特に調整する必要が無い場合にはどんどんOKを押して、エンターキーで進めていきます。

3d-atn07

1分もしないうちに光沢感のある立体画像が完成しました

3d-atn14

立体部分の厚みを変える

この3Dアクションの立体部分はレイヤーを40個くらいコピーして1pxづつずらしながら表現している(予想です)ので、基本的には立体部分の厚みは調整できません(地道に自分でコピーレイヤーを追加していけば可能だと思います。)

ただ、元が3000×3000pxの大きめな画面で設定されているので、そこまでの大きさが必要無ければ イメージ 》画面解像度 を小さく設定することで、相対的に立体の厚みを増すことは可能です。

3d-atn08

ここでは イメージ 》画像解像度 からピクセル数を1000×1000pxに調整して作業を進めてみます。(その場合、シャドウの付け方なども、1/3程度に調整したほうがベターです。)

3d-atn09

任意のシェイプでアレンジ

任意のテキストを入力。

3d-atn10

入力したテキストレイヤーすべてを選択し、右クリックしてシェイプに変更

3d-atn11

もう一度右クリックしてシェイプを結合します。

3d-atn12

For shape》を選択して、再生マークをクリックして完成を見届けます

3d-atn13

あっという間に立体的なテキストが完成しました。

Magic 3Dの使い方ダイジェスト

3d

合わせて読みたい関連記事:photoshopで3Dの文字を作りたいけど使い方がわからない初心者のためのチュートリアル【CS6】

スリームデザイン

3,037,040 views

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインとマーケティングと玄米ご飯。 フリーランス時代に独学で身に...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

小笠原広記

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインと玄米ご飯。

 

フリーランス時代に独学で身に付けた技術を活かし、世界規模のデザインコンテストで日本人初の大賞を受賞&Photoshopの専門書を出版。

 

ブログ集客のエキスパートとして企業や個人のコンサルティングをしながら、コンテンツマーケティングやコピーライティングを手掛けるブログマーケターである。