「これって写真だったの?」人物写真をphotoshopで手書き風の水彩画ちっくに仕上げるチュートリアル

webデザイン

ここでは人物写真を、鉛筆画のような加工絵具の表現2つの工程を混ぜ合わせることで水彩画ちっくに仕上げる方法をお伝えします。

手書き風の水彩画チュートリアル

人物写真を開きます。(今回は2800×2500pixelの大きめの画像を使用)

和装

鉛筆画のような輪郭線画像を作成する。作成手順はこちら ⇒ photoshopで鉛筆画のような加工をしたいけどフィルターの輪郭検出じゃ納得できないという人のためのチュートリアル

鉛筆画

鉛筆画レイヤーは非表示にし、背景を複製したら顔や手の肌の部分を残し切り取る(肌質を別に表現したいため)

肌切り取り

顔レイヤーを非表示にし、背景をまた複製

複製

フィルターのぼかし(表面)をかけ印象を確認しながら調整。

ぼかし(表面)

続けて、こんどはフィルターの油彩でニュアンスをつける。

油彩

フィルターでぼかしニュアンスを付けたレイヤーを複製し、彩度を落とし階調を反転させぼかし(ガウス)をかける。

モノクロ

描画モードをオーバーレイにすると印象がガラっと変わり絵画風になってきました。

絵画風

ここで一旦、非表示にしていた鉛筆画レイヤーを表示させ、描画モードを焼き込みカラーに変更し、全体像とディティールを確認。

確認

今度は、切り取ってあった顔レイヤーを表示させフィルターのぼかし(表面)をベタ塗りちっくになるよう強めにかける。

顔ぼかし

さらに肌の質感をなめらかに仕上げる。

なめらかに

顔が沈んでしまわないようにトーンを上げるため、顔レイヤーを複製描画モードをスクリーンに変更明るくなりすぎたら不透明度で調整

トーンを上げる

ここで鉛筆画レイヤー以外をすべて統合し ↓ のように3つのレイヤーで構成させる。(この時点で画面は真っ白になっているはず)

レイヤー構成

黒で塗りつぶしたマスク部分にカラーを白でブラシをかける、するとなぞった部分に画像が現れます。水彩画に適したフリーブラシはbittboxでダウンロードして使用。

ブラシ

ブラシの種類を変えながら不透明度・流量などを調整し感覚で描いて水彩画完成!

完成した水彩画

水彩画をちょこっとアレンジ

また、鉛筆画レイヤーの描画モードを焼き込みカラーから乗算に変更すると・・

乗算

背景に和紙のテクスチャーを挿入し、ひと味違がった印象に仕上げることも可能です。

合わせて読みたい関連記事:ここまでできる!photoshopで風景写真をまるで絵画風に加工するフィルターテクニック(油彩・水彩)編。

スリームデザイン

2,537,985 views

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインとカーケティングと玄米ご飯。 フリーランス時代に独学で身に...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

小笠原広記

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインと玄米ご飯。

 

フリーランス時代に独学で身に付けた技術を活かし、世界規模のデザインコンテストで日本人初の大賞を受賞&Photoshopの専門書を出版。

 

ブログ集客のエキスパートとして企業や個人のコンサルティングをしながら、コンテンツマーケティングやコピーライティングを手掛けるブログマーケターである。