フリーランスデザイナーが自由なライフスタイルを実現するための新しいブログの活用法や個性的がほとばしるブログにするためのPhotoshopを使ったデザインのチュートリアルなどを公開中~。

photoshopで上手なカラーハーフトーン設定をすると面白い印象になりますよ。

photoshopでカラーハーフトーン設定を活用したレタッチ技術

ポップ調、アニメ、サイケデリックなどでよく用いられるドット柄はphotoshopのカラーハーフトーンフィルターで表現することが可能です

単純に一枚の画像にフィルターをかけて終了ではなく、部分的に適用させたり描画モードのスクリーンなどで他のレイヤーと重ねることで面白い効果が得られるので、工程の中でどのようにニュアンスが変化するのかを感じとってみてください。

Photoshop CS6使用写真素材
所要時間の目安3分 男性の顔アップ
画面サイズ1100×1600:解像度300pixel/inch肖像画風にする工程 》
上手なカラーハーフトーン設定をする方法

背景を2つ複製

背景を2つ複製

最前面のレイヤーを非表示にし、2つ目のレイヤーの彩度を落としコントラストをガッツリあげる

コントラスト

色域指定で肌の部分を抽出し、許容量をMAXにあげる

色域指定

選択部分を切り取り、背景を非表示にする

切り抜く

切り取ったレイヤーにフィルターのカラーハーフトーンを適用

カラーハーフトーン

数値は 10pixel 45 45 45 45 に調整。

数値を調整

このようなニュアンスになったのを確認。

ニュアンス確認

背景を表示させ、カラーハーフトンをかけたレイヤーの描画モードをスクリーンに変更し不透明度を40%に落とす

スクリーン

最前面のレイヤーを表示させ、フィルターのエッジの光彩を数値を調整して適用

エッジの光彩

こんな感じ。

こんな感じ

階調の反転し輪郭を浮き上がらせる

階調の反転

描画モードを比較(暗)に変更

比較(暗)

カラーハーフトーンをうまく使用すると面白い印象のイラスト調に仕上げることができます。

このままアンディ・ウォーホル風に仕上げてみたい方はレイヤーを統合せずにそのままこちらの ⇒ 解説 に進んでね。

肖像画風topへ戻るアンディーウォーフォール風
スリームデザイン無料の公式メールマガジン スリームデザインのメールマガジン

関連記事

Wordpress日本語テーマのまとめ
個別ブログ相談会
photoshop日本語チュートリアル
ブログラ

スリームデザインの出版書籍情報

photoshopの本

fotoliaデザインコンテスト大賞受賞作品の解説

tenコレクションデザインコンテスト

スリームデザインおすすめの書籍

本 本本 本

スリームデザインとソーシャルで繋がろう!

 
 
 

カテゴリー