フォトショップでフワフワ・フサフサな動物の毛を表現するブラシの上手な活用方法。

webデザイン

フォトショップのブラシを上手に活用するとさまざまな表現が可能になります。ここでは動物の毛のようなディーティールを表現するためのブラシ活用法をお伝えします。

動物の毛っぽく

フォトショップで動物の毛を表現するチュートリアル

動物の毛の細かいディティールを表現するためにカンバスサイズを大きめで作成していきます。ここでは画面サイズを幅:2000px 高さ:800px 解像度:72px/inchで設定します。

新規ドキュメント

テキストでTIGERと入力

TIGER

新規レイヤーを作成し、1本の毛のようなブラシを選択したら直径を10px程度に調整。

新規レイヤーを作成

テキストの境界線にそってブラシをなぞり、境目が見えなくなる程度まで往復する。

境界線が見えなくなるまでブラシを往復

TIGERのテキスト上部のすべてをブラシで描く。

テキスト上部部全体を描く

上部が描けたらブラシのウィンドウを開いて角度を180°にして毛先を下に向ける。

ブラシの角度を変える

今度はTIGERのテキスト下部のすべてをブラシで描く。

テキスト下部全体を描く

同じ要領でテキストの外側に毛先が向くように角度を調整しすべて描く。

動物の毛を表現

描いた毛のレイヤーとTIGERのテキストをシフトを押しながら選択し右クリック、レイヤーを統合。

レイヤーを結合

トラ柄のテクスチャーを開きドラッグしながら放り込んでレイヤーを重ねる。フリーテクスチャー素材館さんのトラのテクスチャーを使用しました。

トラ柄テクスチャーをドラッグ

トラ柄テクスチャーのレイヤーを右クリック、クリッピングマスクを作成。

クリッピングマスク

動物の毛のようなTIGERテキストが完成

動物の毛

必要に応じてレイヤー効果の【ベベルとエンボス】で立体感を出し【ドロップシャドウ】で影を付けてより動物的な印象が強めてみよう。

動物の毛完成

関連記事:photoshopで結露のしたたる曇りガラスに指で文字を書いたような表現をするチュートリアル

スリームデザイン

3,081,150 views

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインとマーケティングと玄米ご飯。 フリーランス時代に独学で身に...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

小笠原広記

1978年夏生まれの熱しやすく冷めやすいB型。群馬県在住の累計360万PVブロガー。趣味はデザインと玄米ご飯。

 

フリーランス時代に独学で身に付けた技術を活かし、世界規模のデザインコンテストで日本人初の大賞を受賞&Photoshopの専門書を出版。

 

ブログ集客のエキスパートとして企業や個人のコンサルティングをしながら、コンテンツマーケティングやコピーライティングを手掛けるブログマーケターである。