フリーランスデザイナーが自由なライフスタイルを実現するための新しいブログの活用法や個性的がほとばしるブログにするためのPhotoshopを使ったデザインのチュートリアルなどを公開中~。

photoshopで文字(テキスト)の形にくり抜かれたメタリックな金属パネルを表現する、中抜き方法。

photoshopで文字や図形を中抜きしたい場合、選択ツールなどで切り抜いてしまうと ↓ 画像のように境界線がカクカクしてキレイにくり抜くことができません。こういったケースでは【選択範囲をマスク】を使うのがBEST。ここでは…

詳細を見る

ブログで稼ぎたい人が本気で選ぶwordpress日本語テーマ有料版。SEO・デザイン・ユーザビリティを考慮。

アフィリエイトやアドセンスといった広告収入、ビジネスを展開する際の集客ツール、またはwebサービスの提供の場など、稼ぐことを目的としたwordpressブログを運用する際には、自身の運用方法にマッチしたテーマを厳選する必要があります。 …

詳細を見る

photoshopで普通のノイズを加えるだけじゃ満足できない人にはNoise Texture Generatorがおすすめ!デジタルちっく仕上がるんです。

通常、画像にザラっとしたノイズを加える場合には ↓ のようにフィルターのノイズを活用することが多いでしょう、ノイズの量も好みで調整できます。しかし、一言でノイズといっても全てが同じではありません、ここでは ⇒ Noise T…

詳細を見る

知っといて損はない、魅力的なヘッダーデザインを作成するための目的・用途別の指南書。(photoshopなどを使用するデザイナー向け)

ホームページやブログ・コンテンツサイトに欠かすことのできないヘッダー(アイキャッチ)が果たす役割はとても重要です。ユーザーがサイトに訪れた瞬間に嫌悪感を抱けば即離脱します、その判断は3秒以内だとか・・、どれほど手の込んだ有益なコンテ…

詳細を見る

なるほどっ!アフィリエイトやアドセンス収益に差がつくヘッダーデザインのコツとは。

アフィリエイトやアドセンスといったマネタイズ(収益化)目的でホームページやブログを運用している方はコンテンツの重要性を十分に理解しているでしょう。しかし個別記事のアイキャッチ画像(ヘッダーと呼ばれたりする部分、ここでは以後ヘッダーデ…

詳細を見る

会社のホームページデザインは本当にそれで大丈夫??ヘッダーで伝えるべきたったひとつのベネフィットについて。

会社ホームページのヘッダー(アイキャッチ)はサイトに訪れたユーザーに対しファーストインプレッションを与える重要な役割を果たします。怪しげなサイトだと印象付けてしまったら、そのユーザーは二度と戻ってこないでしょう。デザイン次第…

詳細を見る

芸能人のアメーバブログのようなヘッダーを作成・依頼する前に知っておいたほうが良いこと。

《芸能人のブログヘッダ画像まとめ【モデル偏】【アイドル偏】》などを見ると、どれも可愛いかったり、かっこよかったり一目でググっと惹きつけられてしまいます。そんな魅力的なヘッダーデザインのほとんどが1枚のメイン(本人)画像を使用し、それ…

詳細を見る

これで完璧っ!5種類のphotoshop切り抜き方法を使い分けて輪郭線を背景になじませるクオリティの高い合成をマスターしよう。

photoshopで上手な切り抜き方法をマスターするためには、輪郭線が単純なイラストと背景が写り込んだ人物写真とではその性質が全く異なることを知り、それぞれ状況に応じた切り抜き方法を使い分ける必要があります。ここでは、即実践…

詳細を見る

最近評判の特技をお金(500円)に換金することができるココナラがおもしろい&めちゃ役立つのでスリームデザインもちゃっかり参入してみました。

データのやり取りで完結する業務に関してはわざわざ会社へ出勤するメリットが無くなりつつある昨今、フリーランスをはじめノマドやICなどいち企業に属さない働き方をしている人がちゃくちゃくと増えているように感じます。とはいえ、「よしっ、自分…

詳細を見る

photoshopでまるで本物の油絵タッチに仕上げるためのフィルター&塗り方講座。

photoshopで油絵タッチに仕上げるために、まず ↓ のように風景写真を絵画風にします。絵画風の加工はこちらで解説 ⇒ ここまでできる!photoshopで風景写真をまるで絵画風に加工するフィルターテクニック(油彩・水…

詳細を見る
Wordpress日本語テーマのまとめ
photoshop日本語チュートリアル
ブログラ

スリームデザインの出版書籍情報

photoshopの本

fotoliaデザインコンテスト大賞受賞作品の解説

tenコレクションデザインコンテスト

スリームデザインおすすめの書籍

本 本本 本

スリームデザインとソーシャルで繋がろう!

 
 
 

カテゴリー