※ご登録いただきましたメールアドレスからPDFレポートをダウンロードすることができます。
※1分以上経っても届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。
※ブログ運営に役立つ全5回の動画講座をお送りしますのでお楽しみに!
※スリームデザインのメールマガジンに登録されますが、いつでも配信解除ができます。

次の画像を10秒間観察してみてください。

これは「花火を持った女性の写真」+「説明書き」で構成された1枚の画像ですが、10秒間観察してみてどうでしたか?

あえて説明文を入れなくても「花火を持った女性の写真」であることはわかりますし、10秒間観察するまでもなく、パッと見れば「何の写真か?」一瞬で判断できますよね。

では・・

続いて、次の画像を10秒間観察してみてください。

どうでしょうか?突然ノスタルジックな雰囲気になりましたね

感性豊かな人であれば、この花火を最後に別れなければならない「儚いカップルのストーリー」を想像したかもしれません。

このように、まったく同じ写真を使っていても、その写真に書かれた文章によって、私たちの"意識のベクトル"は全く違う方向へ動いていきます

前者の場合、「※これは花火を持った女性の写真です。」という"説明文"に思考が引っ張られてしまい、「見れば分かるけどだから何?」「何かの意図が仕組まれている?」といった論理的な思考になりがちですが、、

それに対して後者の「僕は、この花火がずっと終わらないことを願っていた・・」 という文章では、写真には写っていない男性が見ている情景や"女性に対する想い"を想像させます

また、"終わり"という1つの言葉も・・

「パチパチと音を立てながら消えていく花火」「1つの季節(熱くて楽しかった夏)の終わりにそよぐ風」「2人の関係の終わりに訪れる切ない感情」などを想起させながら、さまざまなイマジネーションを広げてくれますね。

このように私たちは「1枚の写真」と「言葉」の組み合わせによって、一方では論理的な"思考"が働き、一方では感性に訴えかけられ"心"が動く、そんな繊細な生き物なんですね。




※ご登録いただきましたメールアドレスからPDFレポートをダウンロードすることができます。
※1分以上経っても届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。
※ブログ運営に役立つ全5回の動画講座をお送りしますのでお楽しみに!
※スリームデザインのメールマガジンに登録されますが、いつでも配信解除ができます。

なぜ【THE SELECTED EYECATCH】
を公開するのか?

私は「スリームデザイン」というブログを運営している小笠原と申します。ブログ運営の他、集客コンサルタントやコピーライター、WEB広告デザイナーなどの活動をしています。

今回、なぜ【THE SELECTED EYECATCH】を公開しようと思ったのか?

それは、「広告デザイナー」として活動している私自身が「1つの画像に備わっている"影響力の大きさ"を実感しており、この事実と秘密を多くの人に知ってほしい」という想いがあったからです。

あなたも私と同じようにデザインをしているかもしれませんし、もしかしたらデザインには全く興味がないかもしれませんが、少し「WEB広告デザイン」について理解を深めて欲しいと思います。

なぜなら「広告デザイナーが何を考えてデザインをしているのか?」その脳ミソの中を覗き、WEB広告デザイナーの"考え方"を取り入れるだけで、驚くほど"ブログ記事の反応率"に変化が出ることを実感することになるからです

広告デザインの目的と広告デザイナーの役割とは?

一言で広告デザインといっても「バナー広告デザイン」「ランディングページのデザイン」「資料請求などのCTA(行動喚起)のデザイン」など、多岐に渡りますが、ただ美しいデザインやかっこいいデザインを作るのではなく・・

「バナー広告」であれば、1人でも多くの人にクリックしてもらう。
「ランディングページ」であれば、興味を引き込み本文を読んでもらう。
「CTAのデザイン」であれば意図したアクションを起こしてもらう。

といった"目的"があります。

そして、その1つの目的を果たすために、ターゲットに響く「キャッチコピー」と視線を掴むための「イメージ画像」の最適な組み合わせを熟考して、最大の反応を起こすこと。これがWEB広告デザイナーに求められる役割です。

どうですか?「反応率を高めるキャッチコピーとイメージ画像の最適な組み合わせを考える」って、ずいぶんとWEB広告デザイナーって地味な仕事ですよね。(電車内の広告を見てみてください。99%はキャッチコピーとイメージ画像で構成されていることに気づくと思います。)

【キャッチコピー × イメージ画像 = 最大の反応】

でも、この反応率を1%でも3%でも高めることができれば、そのプロジェクトの利益は大きく変わりますし、プロジェクトの成功・失敗が関わる重要な部分になるので、1番脳みそと神経を使います。

とても重要なので繰り返しますが、WEB広告デザイナーは・・

これまでの経験と感性(インスピレーション)をフル動員し、リサーチした資料を元に【キャッチコピー × イメージ画像】の最適な組み合わせを練り上げて1つのデザインに仕上げるわけですね

ブログ記事の反応率を高めるための秘密とは?

ここまでの説明で"勘の良い方"であれば、【キャッチコピー × イメージ画像 = 最大の反応】って、【ブログの記事タイトル × アイキャッチ画像 = 最大の反応】と同じだということに気が付いたでしょう。

「バナー広告デザイン」「ランディングページのデザイン」となると、ある程度のデザイン技術やセンスも必要になってきますが・・

ブログ記事の場合には、適切な記事タイトルを付けてアイキャッチ画像を設定すれば完了なので、デザイン技術は必要ありません。簡単ですね!

【記事タイトル × アイキャッチ画像 = 最大の反応】

ブロガーであるあなたがやるべきことは、最大の反応が得られる【ブログの記事タイトル × アイキャッチ画像】 の組み合わせを考えれば良いということです。

せっかく、検索している人の悩みを解決できるような役立つ情報を発信していたり、人の心を動かすような極上のストーリーを書いているのに、誰にも読んでもらえないのは切ないですよね。

時間と労力をかけて記事を書いたのにほとんどアクセスがない・・
アイキャッチ画像を設定するとブログ全体のイメージが壊れてしまう。
SNSでシェアされるような訴求力のある素材の選び方を知りたい。
ブログ記事をSNSでバズらせて爆発的なアクセスを呼び込みたい。
コンセプトが明確なトップページを構成してブランディングしたい。
ブログ記事の精読率を高めて読者や検索エンジンからの評価を高めたい。
反応の良い記事広告を作りCPC(クリック単価)を下げたい。
オシャレで素敵な素材サイトを知って個性的なブログを作りたい。
アイキャッチ画像を探す時間を短縮して記事執筆に集中したい。
著作権や肖像権などの心配事を無くしたい。
コンテンツマーケティングの効果を最大限に高めたい。

もしあなたが今、このような悩みや希望をもっているのであれば、、

あなたの有益な記事を1人でも多くの人に読んでもらうために「アイキャッチ画像」の威力を最大限に活用して、ブログのアクセスアップにお役立てください

THE SELECTED EYECATCH

P.3-----次の画像を10秒間観察してみてください。
P.6-----1枚のイメージ画像には言葉では語れない情報が含まれている
P.12----ブログのアイキャッチ画像が担う3つの重要な役割
P.14----ブログにアクセスしてきた読者の視線を止めて記事の続きを読ませる
P.18----「記事タイトル」と「アイキャッチ画像」の印象を一致させることの重要性について
P.25----FacebookなどのSNSユーザーの興味を掻き立てブログ記事にアクセスを呼び込む
P.31----SNSユーザーの反応率を高める!6つのアイキャッチ画像選定テクニック
P.31----1.『3K画像』を使う
P.35----2.ベネフィットを押し出す
P.39----3.感情とリンクさせてインパクトを与える
P.44----4.お得感を出す
P.46----5.期待感を膨らませる
P.48----6.答えを隠して興味を引きつける
P.51----ブログ全体の整合性を保ち魅力的なデザインでブランディングを確立する
P.59----ブログ全体の印象を整えるために意識するべきゲシュタルトとは?
P.64----魅力的なデザインのブログにするための3つのポイント
P.65----1つのコンセプトカラーを決める
P.65----統一感を意識してトーンと彩度を調整する
P.66----ブログ自体のコンセプト(ジャンル)を明確にする
P.69----コンテンツの価値を高めるために知っておくべき"空間"の役割とは?
P.73----デザイン性に優れたおすすめのブログテンプレートは?
P.74----「その画像使って大丈夫!?」画像にまつわる3つの権利
P.84----画像素材を超時短モードで探し出す!脳内ビュジュアルサーチ法





※ご登録いただきましたメールアドレスからPDFレポートをダウンロードすることができます。
※1分以上経っても届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。
※ブログ運営に役立つ全5回の動画講座をお送りしますのでお楽しみに!
※スリームデザインのメールマガジンに登録されますが、いつでも配信解除ができます。