フリーランスデザイナーが自由なライフスタイルを実現するための新しいブログの活用法や個性的がほとばしるブログにするためのPhotoshopを使ったデザインのチュートリアルなどを公開中~。

3分で立体的にすることができるPhotoshopアクションのMagic 3Dがすごいっ!

Magic 3D Photoshop Action のサイトにアクセスし、zipファイルをダウンロードします。

3d-atn01

zipファイルを解凍したらDemonstration.psdを開き、Magic 3D.atnをダブルクリック(もしくは右クリックしてプログラムから開く)。

3d-atn02

PhotoshopのアクションウィンドウにMagic 3Dが追加されたのを確認

3d-atn03

(アクションウィンドウが見当たらない場合は、ウィンドウ 》アクション から開けます。)

3d-atn04

Magic 3Dには《For shape》と、《For text》と、《For layers》の3つありますが、シェイプなので、《For shape》を選択して再生マークをクリック。

3d-atn05

するとすぐにウィンドウが開くので、Glow.pngを選択して開くをクリック。

3d-atn06

アクションが実行されている間、何度か停止したりウィンドウが立ち上がったりしますが、特に調整する必要が無い場合にはどんどんOKを押して、エンターキーで進めていきます。

3d-atn07

1分もしないうちに光沢感のある立体画像が完成しました

3d-atn14


立体部分の厚みを変える

この3Dアクションの立体部分はレイヤーを40個くらいコピーして1pxづつずらしながら表現している(予想です)ので、基本的には立体部分の厚みは調整できません(地道に自分でコピーレイヤーを追加していけば可能だと思います。)

ただ、元が3000×3000pxの大きめな画面で設定されているので、そこまでの大きさが必要無ければ イメージ 》画面解像度 を小さく設定することで、相対的に立体の厚みを増すことは可能です。

3d-atn08

ここでは イメージ 》画像解像度 からピクセル数を1000×1000pxに調整して作業を進めてみます。(その場合、シャドウの付け方なども、1/3程度に調整したほうがベターです。)

3d-atn09

任意のシェイプでアレンジ

任意のテキストを入力。

3d-atn10

入力したテキストレイヤーすべてを選択し、右クリックしてシェイプに変更

3d-atn11

もう一度右クリックしてシェイプを結合します。

3d-atn12

For shape》を選択して、再生マークをクリックして完成を見届けます

3d-atn13

あっという間に立体的なテキストが完成しました。

Magic 3Dの使い方ダイジェスト

3d

合わせて読みたい関連記事:photoshopで3Dの文字を作りたいけど使い方がわからない初心者のためのチュートリアル【CS6】

スリームデザイン無料の公式メールマガジン スリームデザインのメールマガジン

関連記事

Wordpress日本語テーマのまとめ
photoshop日本語チュートリアル
ブログラ

スリームデザインの出版書籍情報

photoshopの本

fotoliaデザインコンテスト大賞受賞作品の解説

tenコレクションデザインコンテスト

スリームデザインおすすめの書籍

本 本本 本

スリームデザインとソーシャルで繋がろう!

 
 
 

カテゴリー