フリーランスデザイナーが自由なライフスタイルを実現するための新しいブログの活用法や個性的がほとばしるブログにするためのPhotoshopを使ったデザインのチュートリアルなどを公開中~。

印刷用データを入稿する際に「インキ総使用量を300%以下にしてください」ってマジかっ!?Photoshopのカラー設定について。

photoshopのcmykカラー設定

デザインが完成したぁっ~!!ってことで印刷業者さんへデータを送ったら「インキ総使用量を300%以下にしてください」なんて言われたことが無いでしょうか?

「ん?ん?どーゆーこと?」

こちらでも解説していますが ⇒ 「あれっ?色味が違う・・」フォトショップで印刷データを作る際に絶対に覚えておくべき3つのこと。パソコンやテレビなどの画面は光(RGB)で、印刷物は色材(CMY+K)によるもので、発色そのものの仕組みが異なるんですね

そのためポスターやDTPなどの場合には印刷することを前提にCMYKでデータを作成するわけですが、濃い色の部分(黒など)をカラーピッカーなどで色を抽出するとCMYKが合計で350%以上になってしまうと印刷業者からNGが出ることがあります

CMYKカラー設定

カラーピッカー

簡単に言うと、それだけ多くのインキを使用することになり乾きが悪かったり滲んでしまってキレイに仕上げることができないようです。。

色味を調整

このようになってしまうと全体的に明るめに修正したところで後の祭りです。。どうあがいても濃い部分は余裕で350%以上

カラー設定

このようにならないようにCMYKのカラー設定をしておきましょう。最近では【Japan Color 2001 Uncoted】で設定しておけばほとんどの印刷業者さんは対応してくれるはずです。その場合、インキの総使用量が350%に収まります。

しかし、印刷業者さんによって対応がまちまちなのでもし「300%以内に収めてください」と言われたらカスタムで【インキの総使用量の制限:300%】に設定。

カスタムCMYK インキの総使用量の制限

設定ができたら、念のため新規ファイルをCMYKで開きカラーピッカーで確認します

カラーピッカーで確認

これでOKっ!(もし設定どおりにならなかったらphotoshopを一旦閉じて再起動すると良いかもです。)

さてと、デザインいちからやり直し。。今日は徹夜のようですφ(●_● )

DTP専門のデザイン事務所などにお勤めの方、上記以外に最適な修正の仕方や設定方法があったら教えてください!

↓のコメント欄にて村上さんが詳しく解説してくださってます。是非参考にしてください(私も勉強させていただきました)。

スリームデザイン無料の公式メールマガジン スリームデザインのメールマガジン

関連記事

Wordpress日本語テーマのまとめ
個別ブログ相談会
photoshop日本語チュートリアル
ブログラ

スリームデザインの出版書籍情報

photoshopの本

fotoliaデザインコンテスト大賞受賞作品の解説

tenコレクションデザインコンテスト

スリームデザインおすすめの書籍

本 本本 本

スリームデザインとソーシャルで繋がろう!

 
 
 

カテゴリー