フォトショップ

印刷用データを入稿する際に「インキ総使用量を300%以下にしてください」ってマジかっ!?Photoshopのカラー設定について。

デザインが完成したぁっ~!!ってことで印刷業者さんへデータを送ったら「インキ総使用量を300%以下にしてください」なんて言われたことが無いでしょうか?

「ん?ん?どーゆーこと?」

こちらでも解説していますが ⇒ 「あれっ?色味が違う・・」フォトショップで印刷データを作る際に絶対に覚えておくべき3つのこと。パソコンやテレビなどの画面は光(RGB)で、印刷物は色材(CMY+K)によるもので、発色そのものの仕組みが異なるんですね

そのためポスターやDTPなどの場合には印刷することを前提にCMYKでデータを作成するわけですが、濃い色の部分(黒など)をカラーピッカーなどで色を抽出するとCMYKが合計で350%以上になってしまうと印刷業者からNGが出ることがあります

CMYKカラー設定

カラーピッカー

簡単に言うと、それだけ多くのインキを使用することになり乾きが悪かったり滲んでしまってキレイに仕上げることができないようです。。

色味を調整

このようになってしまうと全体的に明るめに修正したところで後の祭りです。。どうあがいても濃い部分は余裕で350%以上

カラー設定

このようにならないようにCMYKのカラー設定をしておきましょう。最近では【Japan Color 2001 Uncoted】で設定しておけばほとんどの印刷業者さんは対応してくれるはずです。その場合、インキの総使用量が350%に収まります。

しかし、印刷業者さんによって対応がまちまちなのでもし「300%以内に収めてください」と言われたらカスタムで【インキの総使用量の制限:300%】に設定。

カスタムCMYK インキの総使用量の制限

設定ができたら、念のため新規ファイルをCMYKで開きカラーピッカーで確認します

カラーピッカーで確認

これでOKっ!(もし設定どおりにならなかったらphotoshopを一旦閉じて再起動すると良いかもです。)

さてと、デザインいちからやり直し。。今日は徹夜のようですφ(●_● )DTP専門のデザイン事務所などにお勤めの方、上記以外に最適な修正の仕方や設定方法があったら教えてください!

スリームデザインの無料メールマガジン

ピックアップ記事

  1. 必読!安易に起業ブームに乗っかる前に…絶対に読んでおきたい【おすすめのビジネス書…
  2. photoshopで仕事をしたい人が身につけておきたい技術や使い方のまとめ。日本…
  3. 柔軟な思考を大切にしたいクリエイター必読の5冊。私の頭をグニャングニャンに柔らか…
  4. フリーランスや起業家になる前にこれだけは理解しておきたい5つのマトリックス&チャ…
  5. 見ているだけで「Photoshopの実践的な使い方が学べる」日本語解説付き動画の…

関連記事

  1. フォトショップ

    photoshopで肌をなめらかでキレイに仕上げるとっておきの方法。

    photoshopで肌をなめらかに仕上げたいと思った場合にはぼかしを使…

  2. フォトショップ

    1クリックで完了っ!Photoshopで文字を「縦書き」する方法&英字・数字の応用編

    Photoshopで"すでに横書きで入力されている文字"を「縦書き」に…

Wordpress日本語テーマのまとめ
photoshop日本語チュートリアル

よく読まれている人気の記事

最近の記事

  1. 「特訓Photoshopプロのテクニック教えます!」という本…
  2. 「いつも締め切りに追われてしまう」そんな人がミッションを成し…
  3. Photoshop CCのメニュー文字やツールバーが異常に小…

思考系のおもろい記事

ブログラ
  1. フォトショップ

    見ているだけで「Photoshopの実践的な使い方が学べる」日本語解説付き動画の…
  2. キュレーション

    必読!安易に起業ブームに乗っかる前に…絶対に読んでおきたい【おすすめのビジネス書…
  3. webデザイン

    「特訓Photoshopプロのテクニック教えます!」という本のWEB版を『無料』…
  4. 3分の話

    フリーランスや起業家になる前にこれだけは理解しておきたい5つのマトリックス&チャ…
  5. SEO

    WordPressの使い方に迷ったらまずこの記事をチェック!すごく参考になる秀逸…
PAGE TOP