フリーランスデザイナーが自由なライフスタイルを実現するための新しいブログの活用法や個性的がほとばしるブログにするためのPhotoshopを使ったデザインのチュートリアルなどを公開中~。

意外と知らないっ、、Photoshopで文字の輪郭(境界線)だけに影を付ける方法

Photoshopで文字の輪郭(境界線)に影を付けようと思っても、「外側だけしか影が付かないっ、、」なんて経験があると思います。

デザインの現場では当然、輪郭の内側にも影を付けたいケースは多々あるので、ここでは塗りを0%にして、レイヤースタイルをラスタライズしてから影を付けるというポイントを解説していきます

Photoshopで文字の輪郭(境界線)だけに影を付ける方法

任意のテキストを入力します。ここでは1946(特に意味はありません)

drop-shadow04

入力したテキストレイヤーを新規レイヤー作成ボタンにドラッグして、レイヤーを複製します。続いて、複製元のレイヤーの目のマークを外して非表示にしておきます。(複製する理由は後でわかります)

drop-shadow05

複製したテキストレイヤーにレイヤースタイルの境界線を適用します。

drop-shadow077

境界線のサイズ、カラーなどを調整

drop-shadow08

icon-bullhorn ポイント

境界線を適用したテキストレイヤーの塗りを0%にすると、境界線のみが残ります(不透明度を下げると境界線も一緒に下がってしまいます。)

drop-shadow09

この状態でドロップシャドウをかけてみると、文字の外側には影ができますが、内側には影ができませんっ、、

drop-shadow10

icon-bullhorn ポイント

こういった場合には、境界線のみが表示されている状態で一旦、右クリックしてレイヤースタイルをラスタライズします(※ラスタライズしてからサイズ変更すると画質が下がったりするので、複製しておくクセをつけておきましょう)

drop-shadow111

ラスタライズしてからドロップシャドウを適用すれば、外側にも内側にも影を付けることができます

drop-shadow12

他のスタイルも適用可能なので、ちょっと立体感を出すためにべベルとエンボスをかけてみます。(もちろんグラデーションなども可能)

drop-shadow13

ここで非表示にしていた複製元のテキストレイヤーを表示して、塗りを下げて半透明にしてみます

drop-shadow014

文字の輪郭(境界線)だけに影が付きました

Photoshopで文字の輪郭線に影を付ける↑ クリックすると拡大します

関連記事:ちょっとした裏技!?Photoshopで文字を切り抜いて影を付けるレイヤーマスクの活用方法

photoshopの本
スリームデザイン無料の公式メールマガジン スリームデザインのメールマガジン

関連記事

Wordpress日本語テーマのまとめ
photoshop日本語チュートリアル
ブログラ

スリームデザインの出版書籍情報

photoshopの本

fotoliaデザインコンテスト大賞受賞作品の解説

tenコレクションデザインコンテスト

スリームデザインおすすめの書籍

本 本本 本

スリームデザインとソーシャルで繋がろう!

 
 
 

カテゴリー