フリーランスデザイナーが自由なライフスタイルを実現するための新しいブログの活用法や個性的がほとばしるブログにするためのPhotoshopを使ったデザインのチュートリアルなどを公開中~。

セルフブランディングってのはそーゆこっちゃない!痛い感じにならないための原理原則。

セルフブランディング

自分をブランディングするっていうのはどうゆことだろう?

定義が曖昧なままその言葉だけが一人歩きして世の中に広まってしまったため、多くのひとが一番重要な部分をすっ飛ばしてだいぶ勘違いしてしまっているように感じます

ブランドという響きにはヴィトンやロレックス】などのいわゆるソレを着飾るといった印象や、スターバックス】の空気感のように、表面的に見たり感じたりすることができるものだというように周知されています、が・・

しかし、それを身にまとった時の重厚感やそこに身を置いたときの充足感は、歴史や意思など決して目で見ることのできない深く地中に根付いたものの上にしか成り立たたないことを僕らは知る必要があるんです。

そのことを忘れてしまうと、上澄みだけをすくって体に塗っりたくって痛いアピールしてみたり、自己プロモーションだと意気込んで「いいね!」獲得に奔走してしまったり、本質からかけ離れた行動に陥ってしまうわけですね。

顔出しするとかしないととかそーゆーことじゃーないんです。。

セルフブランディングの原理原則

トップダウンのピラミッド型から、個々人がフラットに繋がるネットワーク型に移行する時代を自由に渡り歩いていくためには、セルフブランディングは必須不可欠です

だからこそ空っぽなソレを隠すために着飾るのではなく、むしろ逆。

裸になってさらけ出し、個人でありながら市場に価値を投下できるような能力や思考を高めることに尽力し続けること

そして空っぽだったソレの中身が少しずつ少しずつ詰まっていくのを実感していくとき、いつしかそれを必要とする人達が周りに集まり自分自身がブランディングされていくことに気づけるもの

決して見た目ではなく、存在感や影響力、発言力といったプレゼンスを高めていくってことがセルフブランディングなんですね。

これって自然の原理とまったく一緒で、いち個人や企業にもあてはまります。

-

↑の図を見て土地を市場幹を個人もしくは企業枝が商品やサービス果実が利益と捉えると分かりやすいでしょう。

ろくに市場に価値を投下することもなく目先の利益ばかり実らせようとしたら重くて根元からポッキリいってしまうし、見える部分をいくら大きく(美しく)着飾ったとしても根をはらずしてすぐ枯れてしまうことがわかります

逆にしっかりと市場に根を張れば自然に幹や枝葉は伸び他視点から周知される存在(ブランド)になり得るということ、これは聞こえの良い精神論ではなく原理原則です。

このようなイメージ像を頭に描き続け根をはることから始めればセルフブランディングの方向性を見誤ることはありません。

そうやってセルフブランディングをしていく過程で自分のビジネスを作っていこう ⇒ 個人ビジネスを始めたいなら「完璧な商品やサービスを作ること」より重要なことを知っておこう。

スリームデザイン無料の公式メールマガジン スリームデザインのメールマガジン

関連記事

Wordpress日本語テーマのまとめ
個別ブログ相談会
photoshop日本語チュートリアル
ブログラ

スリームデザインの出版書籍情報

photoshopの本

fotoliaデザインコンテスト大賞受賞作品の解説

tenコレクションデザインコンテスト

スリームデザインおすすめの書籍

本 本本 本

スリームデザインとソーシャルで繋がろう!

 
 
 

カテゴリー