フリーランスデザイナーが自由なライフスタイルを実現するための新しいブログの活用法や個性的がほとばしるブログにするためのPhotoshopを使ったデザインのチュートリアルなどを公開中~。

バズる記事を作る方法を実践してみた結果を発表っ!素晴らしいタイトルのコンテンツとはいかに・・

バズマーケティング

最近、はてブを筆頭にツイッターやfacebookなどのソーシャルメディアを駆使したバズマーケティングなるものがブンブンと世間を賑わしているので、ここはマーケッターを公言している私が実践しない訳にはいかないと思い立ち素晴らしいコンテンツを公開してみた。

その結果を、こっそり発表したいと思います

通常ブログ記事を書く際に最も重要なことは価値あるコンテンツを提供することに他なりません、これはSEOにおいても最重要事項です。

ブログ記事におけるSEOのセオリー
ターゲットひとりに絞り込んでリーチする
タイトル内容にマッチした分かりやすいものにする
アイキャッチコンテンツ内容を視覚的に表現して同線をつなぐ
コンテンツユーザーにとって役に立つ情報を提供する

価値あるコンテンツとは簡単に言ってしまえば《誰かの役に立つ情報》なので、「人生を豊かにする方法」という抽象的な概念よりは「photoshopで切り抜きする方法」といった具体的なノウハウ記事を積み重ねていくほうがブログは育ちやすい傾向にあります。

実際にphotoshopの切り抜き方法を書いた記事は現在も安定的なアクセスがあり、わざわざ「分かりやすくて助かりました」といったメッセージを頂くこともあるので役立ててもらえて良かったと実感できたりします。

しかしもともとひとりにリーチしているので、求めている情報が手に入り悩みが解決してしまえばユーザーにとってはそれで用済みです

他の友人や知り合いにphotoshopの切り抜き方法なんてコアな情報を知りたい人なんていないでしょうから、わざわざシェアする必要もないんですよね。

と、なると・・?

はは~ん!

バズる記事のセオリーはコレかっ!?

友達にもシェアしたくなるようなバズる記事を作るためには、たったひとりにリーチするのではなく全人類にリーチするエロをテーマに記事を作ればいい訳です、タイトルやコンテンツ内容もこの際すべて真逆に突き進んでみよう。

バズる記事を作る方法
ターゲット全人類にリーチする
タイトルタイトルからは想像し得ない裏切り(※釣りや炎上はダメ!)
アイキャッチ妄想を膨らませる画像を使用
コンテンツまったく役に立たないウンコな情報

エロな感性をフルスロットルでクリエイトした素晴らしいタイトルのコンテンツがコレ↓

mens-dvd001

【女性は見ちゃダメっ!】おとこ達のDVDという看板を掲げているお店が扱っているDVDがどのようなものか?妄想を掻き立て全力でイメージデザインしてみた。

結果、今だに誰もシェアすることのない見事にウンコなコンテンツに仕上がりました。

できることからやっていこう!

ウイさんのような文才ならまだしも⇒「彼氏いるの?」って聞かれて「いません」って答えてるうちは彼氏できませんよね バズは狙ってできるもんじゃないってことですね、そういうふうにできてるんです

なので、無理をせず自分のできることからやっていこう!

できることなんてそーそー限られているので唯一できることを最大限にアウトプットすればいい訳で、今まで公開したphotoshopのチュートリアルをまとめた記事を公開していたらある日・・↓

DVD

photoshopで仕事をしたい人が身につけておきたい技術や使い方のまとめ。日本語のチュートリアルです。

はてブに登録してくれる方がいたようでアクセスも徐々に増え、翌日はGunosy砲によってリアルタイムで50以上。1日で普段の約6倍の6000PV

役にたったと思ってもらえるコンテンツを作ることができればちゃんとシェアしてくれる人がいてバズることがあるんですね。結局SEOもバズる記事も狙うのではなく誰かの役立つ情報をガンバッて作っていく、ただそれだけっ!実にシンプルですね。

SEOもバズる記事もどちらのセオリーもコレ!
ターゲットひとりに絞り込んでリーチする
タイトル内容にマッチした分かりやすいものにする
アイキャッチコンテンツ内容を視覚的に魅せて同線をつなぐ
コンテンツユーザーにとって役に立つ情報を提供する

そうやってビジネスの本質を学んでいけばいいのです、そういうふうにできてるんです。

スリームデザイン無料の公式メールマガジン スリームデザインのメールマガジン

関連記事

Wordpress日本語テーマのまとめ
個別ブログ相談会
photoshop日本語チュートリアル
ブログラ

スリームデザインの出版書籍情報

photoshopの本

fotoliaデザインコンテスト大賞受賞作品の解説

tenコレクションデザインコンテスト

スリームデザインおすすめの書籍

本 本本 本

スリームデザインとソーシャルで繋がろう!

 
 
 

カテゴリー