フリーランスデザイナーが自由なライフスタイルを実現するための新しいブログの活用法や個性的がほとばしるブログにするためのPhotoshopを使ったデザインのチュートリアルなどを公開中~。

カテゴリー:【PR】

最高の書籍を手にしたとき、それは「彼の部屋を訪れて言葉という思考と戯れる」そんな感覚だ。

美術館の出口ホールでふと一冊の書籍に出会う。【大胆不敵な大胆不敵なクリエイティブ・アドバイス】:ジョージ・ロイス7 : 私は1日が終わる頃には完全に燃え尽きている。完全に空っぽになった感じが大好きなのだ。極限まで自分の力を出し切…

詳細を見る

素人っぽいウェブデザインがあっという間にプロのデザインに早変わりする簡単レシピ!無料で使えるロゴとボタンがすごい。

ウェブサイトのデザインしているとどうも素人が作ったようになってしまうことがあります。そのような場合には全体をゴチャゴチャいじってしまうのではなく、ロゴマークやボタンなどの細かい部分をカッチリはめてあげるだけでガラっと印象を変えること…

詳細を見る

ブログで稼ぎたい人が本気で選ぶwordpress日本語テーマ有料版。SEO・デザイン・ユーザビリティを考慮。

アフィリエイトやアドセンスといった広告収入、ビジネスを展開する際の集客ツール、またはwebサービスの提供の場など、稼ぐことを目的としたwordpressブログを運用する際には、自身の運用方法にマッチしたテーマを厳選する必要があります。 …

詳細を見る

最近評判の特技をお金(500円)に換金することができるココナラがおもしろい&めちゃ役立つのでスリームデザインもちゃっかり参入してみました。

データのやり取りで完結する業務に関してはわざわざ会社へ出勤するメリットが無くなりつつある昨今、フリーランスをはじめノマドやICなどいち企業に属さない働き方をしている人がちゃくちゃくと増えているように感じます。とはいえ、「よしっ、自分…

詳細を見る

画像の上をカーソルでなぞってビフォアーアフターイメージを実装させるワードプレスプラグインBefore-After Viewerが有料だけどすごい!

当スリームデザインのブログではフォトショップ技術などを紹介しており、加工前と加工後のイメージをgifアニメーションで画像を入れ替えて比較させたりしてました、しかしgifだと画質が極度に落ちるため何か良い方法は無いかと模索していたところ・・ …

詳細を見る

最近、123RFとゆー画像素材のストックフォトがめちゃめちゃ安くてハンパない件。

つい最近までは画像素材を使用する際にはもっぱらiStockとFotoliaを利用しており、実際にこちらの記事:ブログをカッコ良く見せるための写真素材を購入するならiStockとFotoliaの2サイトチェックで万事OKっ!でも紹介しました。…

詳細を見る

ブログをカッコ良く見せるための写真素材を購入するならiStockとFotoliaの2サイトチェックで万事OKっ!

ブログ記事を魅力的に飾るために欠かすことができないのが写真素材です。記事の内容によっては自分の携帯カメラで撮ったような写真ではなく、プロが取った写真やカッコ良い素材、もしくは自分では描けないようなイラストを使用したい場合もあると思います。 …

詳細を見る

クリエイティブな作業に適した仕事部屋って?机の向きやPC・ツール・音楽などの単なる個人的なこだわり。

デザインやコピーライティング、作曲などを自宅でこもって作業をする場合、クリエイティビティをそこなわない仕事部屋にするための工夫が必要だったりします。部屋の隅に机を配置すると背中の後ろに空間が生まれスースーする(個人的ですが・・)感じ…

詳細を見る

3分でわかるブログアフィリエイトの簡単なやり方!

ブログアフィリエイトはパソコンを使える方であれば誰でも簡単に始めることができます。小遣いが欲しい、副業で収入を増やしたい、会社を辞めて独立したい、など理由は様々ですが実際に稼ぐようになる為には、自分の目標を達成するまで失敗や成功を積み重ねな…

詳細を見る

ワードプレスの日本語テンプレートならTCDがめちゃおすすめな3つの理由。

ワードプレスの無料テーマのウイルスリスクを知っている、カスタマイズする際に日本語のマニュアルがないと大変だ、コーポレートサイトやお店のホームページを運営したい、SEOも狙っていきたい!そういった方は、多少の投資は必要だと感じていると…

詳細を見る
Wordpress日本語テーマのまとめ
photoshop日本語チュートリアル
ブログラ

スリームデザインの出版書籍情報

photoshopの本

fotoliaデザインコンテスト大賞受賞作品の解説

tenコレクションデザインコンテスト

スリームデザインおすすめの書籍

本 本本 本

スリームデザインとソーシャルで繋がろう!

 
 
 

カテゴリー