フリーランスデザイナーが自由なライフスタイルを実現するための新しいブログの活用法や個性的がほとばしるブログにするためのPhotoshopを使ったデザインのチュートリアルなどを公開中~。

ブログをカッコ良く見せるための写真素材を購入するならiStockとFotoliaの2サイトチェックで万事OKっ!

写真素材

ブログ記事を魅力的に飾るために欠かすことができないのが写真素材です。記事の内容によっては自分の携帯カメラで撮ったような写真ではなく、プロが取った写真やカッコ良い素材、もしくは自分では描けないようなイラストを使用したい場合もあると思います。

また、記事の内容を瞬時に印象付けさせるキャッチ画像は、その記事を読み進めてもらうための重要な役割があるので、やはりクオリティの高い写真を使用したいところです。

そんなときに重宝するのがストックフォトと呼ばれる写真素材を販売しているサイトです。

しかしストックフォトはサイトごとに値段設定がさまざまで、1枚の素材が3150円とけっこう高額なところが多いのが難点。記事ごとに毎度まいど3千円もかけて購入するのは合理的ではないため、なるべく安く抑えたいというのが本音でもあります。

そこで私は、格安でいてクオリティの高い素材が揃っているiStock※iStockは料金体系が変わり結構高くなった様子です・・2014.11)とFotoliaを活用しています。私のような欲張りにはもってこいの2サイトです。

おすすめの写真素材サイト
Fotolia

Fotolia

26クレジット4,625円
54クレジット9,250円
 》写真素材を確認してみる
使用目的に応じて素材サイトをチョイスしよう!

iStockとFotoliaはクレジット形式で素材を販売しており、WEB上であれば十分に使えるXSサイズの素材なら1クレジット(計算上約170円程度)で購入できるものも豊富。この値段で記事を際立たせることができるのであれば十分な費用対効果が見込めます。

Fotoliaの特徴
Fotoliaは日本のクリエイターや写真家の素材が揃っていて、イラスト素材も1クレジット程度で購入できるものも多い。 Fotolia の検索で任意の単語を打ってサイドバーの □イラスト にチェックすれば探していた希望のイラストが見つかるでしょう。

以上の特徴を踏まえて、抽象度の高いカッコ良い素材を使いたい場合はistockから、具体的なターゲットが絞られていて共感度を増したい場合はFotoliaから探せばイメージに合致したものが見つかるはずです。またイラストは値段を踏まえてFotoliaのみでも十分。

  • 文字ばっかりで読みずらい
  • 記事の要点を的確に伝えたい
  • パッとしないので色取りを添えたい

そういった悩みにブチ当たったら、iStockとFotoliaの2サイトチェックで万事OKっ! ⇒ この記事も要チェック:最近、123RFとうゆー画像素材のストックフォトがめちゃめちゃ安くてハンパない件。

スリームデザイン無料の公式メールマガジン スリームデザインのメールマガジン

関連記事

Wordpress日本語テーマのまとめ
個別ブログ相談会
photoshop日本語チュートリアル
ブログラ

スリームデザインの出版書籍情報

photoshopの本

fotoliaデザインコンテスト大賞受賞作品の解説

tenコレクションデザインコンテスト

スリームデザインおすすめの書籍

本 本本 本

スリームデザインとソーシャルで繋がろう!

 
 
 

カテゴリー