フリーランスデザイナーが自由なライフスタイルを実現するための新しいブログの活用法や個性的がほとばしるブログにするためのPhotoshopを使ったデザインのチュートリアルなどを公開中~。

男性がココマイスターの長財布に魅かれるのはなぜ?

ココマイスター

男性にとって財布と靴は自身を映し出す鏡のようなものです。デートでのお会計の際ヘタれてしまった財布では恰好がつきません、仕事でも汚れた靴を平気で履いていてはその品格さえも疑われてしまうでしょう。

・長財布である ・小銭入れが無い(別使用) ・本革素材でシンプル

私が財布に求める条件は3つほどあり、それを満たしてくれたのがココマイスターのコードバンでした。商品のひとつひとつが熟練した職人の手作りのため、大量生産をすることができず在庫切れが多いのですが運よく購入することができました。

当初LOUIS VUITTONのタイガという長財布を検討していました、その理由はサンマーク出版の【稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?】という本を読んだことがきっかけです。

著者である亀田潤一郎さんは、税理士という職業がら数多くの経営者と付き合うなかで、稼ぐ社長は財布の使い方に共通点があることを発見し、自ら実践したところ年収が飛躍的に向上したそうです。

「財布は人生を変える最高のツール」だという著者独自の洞察は、お金に関する考え方を小気味よく転換させ、お金に対するセルフイメージを根底から変えてくれます。

LOUIS VUITTONのタイガではなくココマイスターを選んだ理由

財布購入金額×200倍=年収の法則】があるそうです、ピッタリその通りになる訳ではありませんが、自分が以前財布を買った時の値段を思い出すとほぼその通りで驚きます。

なぜ財布?

あなたも身の周りの男性や同僚など、ある程度年収が想像できるひとの財布を確認してみれば、妙に納得してしまうはずです。

3つの条件があてはまったLOUIS VUITTONのタイガは正規店で¥64,000-ほどなので200倍の法則にあてはめると年収1280万円になります、目標とするには十分な年収です。安い買い物ではないが思い切って購入しよとしたところ・・

「この決断は目的が違わないか?」

お金を大切に扱うからこそ財布にも気を使い良いものを選ぶ、お金に対する接し方を変えるということが大事なんですね。その姿勢こそが年収にも反映するということでしょう。

お金をどうでも良いような財布に乱雑に入れているようではお金にも好かれないですし、同性・異性に限らずやはり人から好かれません。常に肌身に付け人目に付くものだからこそ自分が心底気に入ったもので大切に扱えるものを選ぶ必要がある訳です。

LOUIS VUITTONのようなブランドをスマートに使用できる男はとてもカッコ良く映りますが、30代半ばの自分にとってはどうもいやらしくなってしまいそうです。

シリーズ

そろそろ私もブランドの名前より、質や技術の優れたものをさりげなく使っている大人の男になりたい、そんな欲求が芽生えたことがココマイスターを選んだ理由です。

きっと私以外の男性もココマイスターの長財布に魅かれるのはそういった質や技術を追求する姿勢なのだと思います。

プレゼントにもらえたら最高ですね

誕生日などの特別な日に、女性からこのような財布をプレゼントしてもらえたら嬉しいものです。有名ブランド財布はあからさまに値段が分かってしましますし、金額もあまりに高いと嬉しいというより気が引けてしまいます。

ココマイスターは調べなければ値段は分かりませんし、調べられたとすれば上質でこだわりの財布であることは理解できるので、もし嫁がそういったものを選んでプレゼントしてくれたのなら「なかなか見る目あるなっ!」っと、惚れ直してしまうかもしれません。

プレゼント

私は35歳の誕生日に、嫁の了解を得て自分で購入しましたが・・(これ、こうで、こんなんで超いいから、みたいな理由をつけて)

もし現在、彼氏や旦那さんがボロい財布を使っていたら、もうワンラック上のキャリアや品格を上げるツールとして、またお金を大切に扱ってもらうためにも、上質なお財布はプレゼントに最適かもしれません、年収が倍増してお釣りが返ってきたらラッキーですね!

ちなみに私が選んだのはコードバン長財布の鹿毛(ボルドーブラウン)¥34,000-です、基本的に超がつくほどブラウンフリークでなんでも茶色を選んでしまいます。

注文した鹿毛の色味がホームページ上ではすこし赤っぽく見えていたので実際はどうかなーと不安もありましたが、バッチ理想通りの色味でした。(日の光があたる屋外では若干赤みが出ます。)

ココマイスター

長財布とそろえて小銭入れも新調しようと考えていましたが、ちょうどヴィトンのベース色と同じ感じの色合いなので、年収が倍増して小銭も新調できるようになるまでの間は、いやらしくならないように気をつけてながらヴィトンの小銭入れとセットで使用していこう。

ブライドルバンガーブリーフ

ココマイスターは財布、小銭入れの他、キーケースやこだわりのステーショナリーも取り扱っていて、なかでも上質な逸品のブライドル・バンガーブリーフには男心を存分にくすぐられます。

次は、バンガーブリーフを購入できるくらい稼ぐため、財布を新調したモチベーションを維持しながら仕事に励み、年収倍増計画を実行していこうと思う今日この頃。

スリームデザイン無料の公式メールマガジン スリームデザインのメールマガジン

関連記事

Wordpress日本語テーマのまとめ
個別ブログ相談会
photoshop日本語チュートリアル
ブログラ

スリームデザインの出版書籍情報

photoshopの本

fotoliaデザインコンテスト大賞受賞作品の解説

tenコレクションデザインコンテスト

スリームデザインおすすめの書籍

本 本本 本

スリームデザインとソーシャルで繋がろう!

 
 
 

カテゴリー