フリーランスデザイナーが自由なライフスタイルを実現するための新しいブログの活用法や個性的がほとばしるブログにするためのPhotoshopを使ったデザインのチュートリアルなどを公開中~。

3分でわかるブログアフィリエイトの簡単なやり方!

affiliate

ブログアフィリエイトはパソコンを使える方であれば誰でも簡単に始めることができます。小遣いが欲しい、副業で収入を増やしたい、会社を辞めて独立したい、など理由は様々ですが実際に稼ぐようになる為には、自分の目標を達成するまで失敗や成功を積み重ねながら試行錯誤していくことが大切です。

始めなければ失敗も成功もありません。

ここではブログアフィリエイトのやり方を《ブログの選び方》《ASPに登録しよう》《広告バナーを貼ってみよう》の簡単な3ステップでお伝えします。30分後には晴れてあなたもアフィリエイターの仲間入り、目標達成の第一歩を踏み出しましょう!

ブログの選び方

ブログアフィリエイトを始めるには無料ブログ有料ブログの2つの方法があります。

無料ブログにはアメブロやライブドアブログなどたくさんありますが各サービスごとに以下のような規約があり、広告であるアフィリエイトを禁止していたりします。

  • アメブロ:《商業用の広告、宣伝を目的としたブログの作成》
  • ライブドア:《当社が過度または不適切であると判断する広告・勧誘行為》

日々書き溜めてきた記事が突然ブログサービスの判断によって削除されてしまってはもともこもありません。無料ブログを選ぶ際には、消されるリスクを考慮し商用利用を認めているFC2ブログもしくはSeesaaブログを選んだほうが無難でしょう。

それでもいつ規約が変わるか、サービス自体が停止してしまうかは予測できないので、自身でサーバーを借りてワードプレスというブログツールを利用する方法もあります。

関連記事:初心者でも簡単にできる!ワードプレスを始める方法

有料ブログと言ってもサーバー・ドメイン代の年間4000円程度で作成が可能です。ブログを作るというのはウェブ上に自身の無形資産を形成していくこと。

間違ったやり方をしなければたった年間4千円の投資が10万円にも、場合よっては現在の年収よりも大きな額となりえる可能性もあるので、目標が明確な方であれば初めからワードプレスにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

ASPに登録しよう

ASPとはアフィリエイト・サービス・プロバイダの略です。広告を出したい企業と広告収入を得たいサイト運営者を仲介する役割を果たしています。

このASPも、A8.net・JANeT・バリューコーマス・リンクシェア・アフィリエイトBなど数多くあり、提携している企業も多種多様です。

始めての方であれば ⇒ A8.net ひとつに登録しておけば十分でしょう。

やたら複数に登録してしまうと管理がややこしくなりますし入ってくる報酬も分散されるので、ブログ運営とアフィリエイトに慣れてから幅を広げるほうが賢明です。

管理画面

メールアドレスやサイト情報、報酬の受け取り口座などの登録が完了すると、プログラム検索から様々なジャンルの商品やサービスを検索することができるようになります。自身の紹介したいプログラムを選んでみましょう。

ココマイスター

プログラムを選んだら提携の申し込みをします。即提携になるものもあれば、審査で不可となるケースもありますが気にすることはありません、どうしてもそのプログラムを紹介したければ記事を更新して再度申し込みをすれば良いだけです。

広告バナーを貼ってみよう。

提携が完了したらいよいよブログに広告を貼る段階です。管理画面の参加中プログラムから提携したプログラムの広告リンクボタンをクリックします。任意の広告タイプを選び生成されているアフィリエイトコードをドラッグしてコピーしましょう。

アフィリエイトコード

コピーしたアフィリエイトコードをブログの投稿記事にペーストします。

ペースト

これでブログにバナーを貼ることができました。

記事画像

このバナーを経由して購買につながると紹介料が入るようになりますので、自分が紹介する商品の魅力をしっかり伝えられるよう記事を作り込みましょう。

コピーライティングする際には読み手を意識して作成するのがコツです、参考にしてみてください ⇒ 男性がココマイスターの長財布に魅かれるのはなぜ?

スリームデザイン無料の公式メールマガジン スリームデザインのメールマガジン

関連記事

Wordpress日本語テーマのまとめ
個別ブログ相談会
photoshop日本語チュートリアル
ブログラ

スリームデザインの出版書籍情報

photoshopの本

fotoliaデザインコンテスト大賞受賞作品の解説

tenコレクションデザインコンテスト

スリームデザインおすすめの書籍

本 本本 本

スリームデザインとソーシャルで繋がろう!

 
 
 

カテゴリー